白川学園焼き芋会

2007年01月28日(日) PM2:00〜 於:白川学園


集合時間の2時に白川学園に到着すると、園生の皆さんが、「待ってたデ〜」と向かえてくれます。
「僕らで、火おこして、待ってってん」という声に園庭に入ると、ドラム缶の半切2つに
朴葉や、切竹ですでに、いい感じで火床が出来上がっていました。
何時もなら、私たちの到着後に、火床の準備を始めるのですが、園生の皆さんが、この「焼き芋会」を
楽しみにしてくれて、待ちきれずに準備に掛かってくれたと職員の方から聞きました。
「来た。来たデ」という声と共に、「芋」の到着です。アルミホイルに包んで、
早速、火床に放り込み、又、上から朴葉を被せて焼きます。
焼きあがるまでの時間は、園生や井上副園長や職員の皆さんと、世話話に花が咲きます。
新入の園生からは、「おじいさん」と呼ばれ、皆、「おじさんヤ!」と訂正に必死になったりしている内に
美味しく焼きあがり、3時のおやつとなりました。

称名寺の朴葉は、すごい火力です。 煙の向こうでなかなか誰か判りません。
「おじいさん!」赤松ワイズと法被の上坂ワイズはかろうじて判明。真中は? 駿谷君でした。
もうじき、焼けるデ。美味しいかな? あたりまえやがな!
今年も、白川学園では、焼き芋にバターが大好評! 皆で美味しく戴きました。
まだまだ沢山あるで。どんどん焼いて食べました。今度は「夏祭りヤナ」「ありがとう」「待ってるしナ」の声に送られて


           



















inserted by FC2 system